塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! ヨメ次郎の現場日誌 - ヨメ次郎の現場日誌

HOME > ヨメ次郎の現場日誌 > ヨメ次郎の現場日誌

ヨメ次郎の現場日誌の記事一覧

工場の屋根を塗装してきました~

みなさまこんにちは~ ㈱片山 の     ヨメ次郎です( *´艸`)       台風の被害も心配されるほどでもなく、ほっとしているところですがみなさまはいかがお過ごしですか?最近は朝夕とも涼しくなってきて、エアコンの出番も少しずつ少なくなってきている気がしますね~     さて、タイトルにある工場の屋根の様子です ↑住宅の塗り替えと同じです。 まずは高圧洗浄で表面に付着したゴミを取り除いて密着があがるように処理します。     すべて洗い終わるまで延々と続く作業ですね~ 何気なくやってるように見えて、結構重労働です。 水圧のかかったホースをコントロールしながら、重たいホースを動かしながら、それに足をひっかけて転ばないようにとかここはどうおさめようかとかここはどう補修しようかとかどう進めるのが効率いいだろうかとかそういうことも考えながら進めます。     終わったら、こんどは特に錆ついた箇所をごりごり削る作業=ケレンです。     こちらは「マジックロン」というケレン専用の固いタワシみたいなものです。 錆落としとはいっても、全部取りきるわけではありません。そんなことしたら穴開いちゃうので(´・ω・`)職人さんの判断で、限界ギリギリまで錆をこすり落として、あとは錆止めを塗って処理していきますね   傷んだコーキングは新しくしてあげます。マスキングテープを両脇に貼って、コーキングを埋めていきます。   コーキングを充填したら均して仕上げていきます。   ここまで来たら、やっと錆止めを塗っていきます。自分の足場を確保しながら進めるので、基本的には周囲ぐるりを先におさめて、そのあとそこ以外を塗っていきます。これも塗りながら後ろへ下がっていきます。   そうしないと塗ったとこを歩くことになって、せっかく塗ったとこを直す羽目になるので。。。     錆止め終了。 この時点でムラになってるのは問題ないのです~御心配なくです( *´艸`)   上塗りを塗っていきますね~ 上塗りも錆止めと同じように塗り進めていきます。   端っこ以外はこういった道具を使います。 持ち手が長いです。「長柄」と呼んでます。 この長柄の先にローラーが取り付けられます。 これで塗ると中腰にならずに済むので腰への負担軽減になって職人さんも嬉しいのです~     きれいになりました~( *´艸`)     お見積りのご依頼はこちらへ♡ 2022年09月09日 更新

ヨメ次郎の現場日誌

アパートの屋根がモニエル瓦で塗装して改修~

アパートの屋根がモニエル瓦で塗装して改修~

みなさまこんにちは、㈱片山 の     ヨメ次郎です(*´ω`)       台風11号が少し逸れたとはいえ、やっぱり心配な今日この頃ですがみなさまはいかがお過ごしでしょうか?       今、お邪魔しているとあるアパートの屋根塗装の様子です~   補修箇所などを職人さんと確認しているところですね   補修も、塗装工程をすすめていくうちに気が付くもの、1回の補修だけでは追いつかなかったものなど一度で直せないものなどいろいろあるので、その都度直していきます。         今回は一部のヨコ樋で水の流れが滞っていて、ヘドロ化していました…(´・ω・`)     樋は水の流れを計算して、1/100で勾配をつけるようになっています。   ヨコ樋を交換するタイミングで勾配を取り直すことを、オーナー様に新たにご提案して採用されました。こういう部分は実際に足場をかけて上がってみないとわからないことが多いです…             そういった様々、現場で起こることをクリアしながら工程は粛々と進んでいきます~       お見積りのご依頼はこちらをクリック( *´艸`) 2022年09月05日 更新

ヨメ次郎の現場日誌

夏の終わりの屋根カバー工法 へーベルハウスさんの改修難しい💦 ~湖南市~

みなさまこんにちは~ 片山 のヨメ次郎です( *´艸`)         最近ブログの更新が少ないぞー!!とお叱りの声多数いただきます…ゴメンナサイww そんなに楽しみしていただいているとはww   ありがたいことです( *´艸`) なるべく!!ブログ更新がんばります(笑)   お盆も明けてしばらく経ちますがみなさまいかがお過ごしでしょうか?お子さん達の夏休みももう終わりますね。   お母さま方、お疲れ様でした!     さて、タイトルの屋根カバー工法ですが、 もともとはカラーベストだったのですが、今回塗装工事するにあたって屋根をカバー工法で、とのご希望でしたので採用になったのですがなんせこちらのお宅は勾配ががが…       こんな急なんですよねおそらく9寸はあるはず…滑り台よりスリリングww         職人さんもこんな状態で作業してます   暑さのピークは過ぎてるので問題ないのですがこの勾配はなかなか大変ですね(*´Д`)屋根から降りると足ガクガクです~笑   さ、あとはベランダの防水工事が月曜日から始まります。 雨が心配ですが、お天気見ながら少しずつ進めていきます!     外壁塗装見積もりはこちら 2022年08月27日 更新

ヨメ次郎の現場日誌

防水工事~

みなさまこんにちは~㈱片山 の ヨメ次郎です( *´艸`)     梅雨入りしてしばらくたちますが暑いですねぇ💦溶けそうです…     お久しぶりのブログ更新です!お待たせいたしまして…申し訳ないです💦     タイトルが防水工事ですね~ 今、大津のほうで行っている工事で、ウレタン塗膜防水という種類の防水になります。   防水工事としてはほかにも★塩ビシート防水★アスファルト防水★シート防水などいろいろあるんですが、今回は防水層を塗ってつくるぜ~って内容になります。         素地調整したりして     プライマー塗って   ちょっと凸凹が大きいところはそれを均して       再度プライマー塗って         メッシュ張って、空気抜いて         脱気筒つけて         防水層を作っていきます       完成!!       ということで、塗装のように塗って防水層をつくるタイプの防水工事でした。     防水もいろんな工法がありますが、それぞれメリットデメリットがあります~( *´艸`)金額もかなりピンキリです💦     またリポートしますね~         弊社外壁見積もりはこちら   2022年06月24日 更新

ヨメ次郎の現場日誌

ALC1面だけの塗装

みなさまこんにちは~、㈱片山 の       ヨメ次郎です(*´ω`*)       現在、蒲生郡のとあるところでALCの塗り替えをしておりまーす ALCはパワーボードと言う場合もあるんですが、 特徴としては 軽さ、があります。   建材の厚みの中にちいさな空洞をたくさん作ることで軽さを実現しています。   一方で、表面のコーティングが弱ってくると、雨漏れしやすくなる、という特徴もあります。     これは戸建てなのか倉庫なのか、はたまた別の建物なのか、によっても雨への対策の仕方が違うので一概には言えませんが…   とにかく水への対策はしっかりと取っておきたい建材ですねー。       下塗りして、コーキングして、割れてるところはパテして… 下地を作っていきますね。     窓まわりや隅の部分は先に刷毛で塗りこんでおいて、 あとはローラーをごろごろ転がしていきます。   不思議なもので、 ローラーをただ転がしているだけに見えて 私みたいな素人がやってみると、やっぱり均一な厚みにならないんですよね…   養生ひとつ、 刷毛ひとつ、 ローラーひとつ取っても   やっぱりそこには職人さんが何十年という長い時間をかけて磨いてきた技術が 確かにあるんだなぁと思います。     いい職人さんに恵まれて、片山さんは幸せです( *´艸`)       お見積りはこちら 2022年04月09日 更新

ヨメ次郎の現場日誌

東近江市のみなさーん!!リフォーム補助金決定ですー!!

みなさまこんにちは~!!㈱片山 の     ヨメ次郎です(*´ω`*)       ずいぶんご無沙汰をしてしまいました💦 季節はすっかり春!! さくらも見事に咲いて、車の中から楽しませていただいてます🌸       彦根城のさくらも今が満開でした(*´Д`)     さて、毎年この時期になると東近江市にお住まいの方は   「リフォーム補助金」   が気になりますよね!!   今年も東近江市では「リフォーム補助金」に予算がいただけました!! ありがたい!!   詳細は市のホームページにもありますし、片山さんにお電話いただければお知らせします。 ぜひご活用ください♪       補助額上限は15万円。 但し契約金額の10パーセント。 対象工事がありますので、対象工事かどうかは申請の際にきちんと判断されます。 おそらく抽選になると思いますが、チャレンジしてみる価値はありますよねー 10パーセントは大きい…( *´艸`)   それと、補助金は三方良し商品券の形で還元されるかと思います。     申請などは片山さんでお手伝いもしておりますので わからなくてもだいじょーぶです!   ぜひご活用くださいませね!!     お見積りはこちら       2022年04月09日 更新

ヨメ次郎の現場日誌

ダインコンクリートの改修をお考えの方がヨメ次郎ブログに辿り着く背景って…

  みなさまこんにちは~、㈱片山 の     ヨメ次郎です(*´ω`*)     北京オリンピックも盛り上がってますね!! アスリートのみなさんの頑張る姿がテレビを通して見られる幸せを感じます(*´ω`*) コロナも早く落ち着いてくれるといいですね。 個人的なことではありますが、うちの子が受験だったりするもので、 親としてもヒヤヒヤします💦     さて、今日のタイトルですね。 ダインコンクリートの改修に際してお悩みの方がほんとーーーーーーーーに多くて。 みなさま一様におっしゃるのは   自分でネットで調べて、辿り着くのが   私が過去に書いた ダインコンクリートの改修についてのブログ   らしいです。     ありがたや~(笑)   ダインコンクリートの改修が難しいのには理由があって 結構リスキー。 なんでかというと   既存塗膜がだいたい浮いてます。 浮いてる、というのは密着が弱くなってる箇所も含めて。   塗装しようと思うと、この弱った塗膜を取り除く必要があって。   「じゃぁ高圧洗浄でどーにかなるんじゃないの?」   と言われそうですが、高圧洗浄だけでどーにもならないのがこのダインコンクリートちゃんの厄介なところでして…   結論から言うと、工具で弱った塗膜を根こそぎ削り落とすわけですねー なーんだ、削るだけ? 工具あるんやったらそんな手間でもないやろ?   …いえいえ、それが大変。   職人さんの手には皮の手袋。 その下にはさらに仕込んでます。     凸凹面に沿って工具を動かしていくには 握力、 振動を抑え続ける体力、 集中力、 なんかが必要で       これを何百平米とやってのける、   というのは普段から職人さんの仕事を見ているわたしたちにも計り知れないものがあります。     塗装前にこころがポッキリ折れそうになってますもん(笑)   そういうときに職人さんに優しくしておくとあとでわたしの評価があがる・・・     ってそこは内緒でした(笑)     あとはこの下地処理と、もうひとつ大事なのは   下塗りになにを使うか。     ダインコンクリートの改修のコツはこのふたつ。 わかっちゃいるけどなかなかできない。   それもダインコンクリートの改修、かもしれません。     明日はそのダインコンクリートのお見積りの現地調査に遠方までお邪魔します。   良いご提案ができますように。       お問い合わせはコチラ 2022年02月13日 更新

ヨメ次郎の現場日誌

ベランダ壁がもろくなる原因をさがす

みなさまこんにちは~、㈱片山 の       ヨメ次郎です(*´ω`*)       最近、少しでも読みやすく~と思ってフォント(字体)を変えたり太字にしてみたりしながら このブログを更新してるのですが、いかがでしょう~   こちらのほうが読みやすいかな?     読みやすいといいな~ お客様のところに行ってお話できるタイミングがあればブログの改善点などを探すヨメ次郎です♪ 半分趣味ですね(笑) その割に更新頻度は低いという…(´・ω・`)     こないだもとあるお宅へ伺ったときに、奥様が   「あ!! ヨメ次郎さんね!?」   とおっしゃってびっくりしました(笑) 先に片山さんで塗装してくださった娘さんから話を聞いていてくださったそうで。 うーん、ヨメ次郎が独り歩きしておる…(笑)ありがたいことです(笑) あんまりハードル上げないでくださいねぇぇ ヨメ次郎は空想上のいきもの、くらいで良いです(笑)     さてさて、まじめに現場のおはなし。現場は東近江のとあるお宅です。 ベランダの内側の壁がぼろぼろになっていたので(しかも一部だけ) はて?なんでだろ?   と、原因をさがしておりました。     こんなかんじでぼろぼろ。 再発しないように考えたい、というのが片山さんの方針なので 原因を探します。     いろいろ考えられるポイントはあるんですが、 こちらはベランダの外側に増築された建物の屋根がくっついている状況。 こちらも確認しとこうか…ということで     …あぁ、これかぁぁぁああああ( ;∀;)   …とちょっと頭を悩ませるポイントを発見。   水切りの奥までカラーベスト(屋根材)が差し込まれてないなぁ…       どういうことかというと         こういうことです。 写真の中に私が書いた図の通りです。   実際とこうなっててほしいと思う図の違い。 で、なんでこれがベランダ内側のぼろぼろにつながるかというと お水は上から下へ流れます。 図を見ると、 ベランダ外側にくっついてる屋根はベランダ内側のぼろぼろ部分より上に位置してますね。 外側の屋根から浸みたお水が下へ落ちてくる。 そのお水がベランダ内側の壁を腐食させている。   というのが私の立てた仮説です。   で、私が立てた仮説が正しいのかどうかは板金の職人さんに見てもらったり、 実際にその意見を取り入れて施工して、 年月をかけて観察してみて初めてわかります。   (現在雨漏りしてないので…) 雨漏りしてたら雨漏りが止まればわかるんですけどね(;´Д`)     現場はいつもこんなかんじです。 現地調査の時には気づかなかったこと、アクシデントはつきもの。   そのたびに   現場見て、 原因さがして、 仮説立てて、 検証。   これの繰り返しです。       さて、このお宅のケースはどうなりますか。 目標は「再発防止」!!   まずは板金職人さんと現地確認から!!です!!     お問い合わせはコチラ 2022年02月13日 更新

ヨメ次郎の現場日誌

目地残しの塗装とゆー特殊技術

みなさまこんにちは、㈱片山 の     ヨメ次郎です(*´ω`*)         今日は寒さが緩んだかなーと思ってたら、15時過ぎてからまた急に冷えてきましたね。 風邪など引かれてませんでしょうか。 あたたかくしてお過ごしくださいませね。     さて、今日は特殊技術!!をご覧に入れようかと思います♪   東近江のとあるお宅なのですが、 「サイディングのもともとのテクスチャが気に入ってたのでべた塗りになるのは避けたいなぁ…」 ということで、社長がご提案したのが       目地残し   です。     「??」     となるのはわかります(笑) そうですよね。   では写真でご説明しますね~   ①まずは下塗り。 ②目地の色を長毛のローラーで全面塗る。       ③乾いたら、メインの色を塗る。 ※このとき目地まで塗らないように。目地の色は残す。 ってこれが難しい…しかもかなり手間がかかる…   今回は4パターン作成しました。 目地がN-10で、メインがN-30とN-40。     ここから先は目地がN-75のパターン。 目地色塗り塗り。   目地色のN-75が乾いたらN-30とN-40を塗り塗り。     そして完成!! 目地N-10の、N-30とN-40 こちらは目地N-75の、 N-30とN-40   同じ色でも目地の色が違うだけでこんなに印象が変わるんですねぇ。 いや、過去何回か見てはいますがやっぱり感激します。   職人さんてすごい(*´ω`*)     実際はこれが全面になるわけで。     完成が楽しみで仕方ないです。       今回のこの目地残しの技術は誰にでもできるわけではないですし、手間がかかりますし、 外壁の材質、意匠(デザイン、凹凸)などによって施工可能かどうかが変わります。   「うちもやってみたい!!」という方は一度お尋ねくださいませね~     ※テスト施工は毎回行うわけではございません。       お問い合わせはこちらまで         2022年01月22日 更新

ヨメ次郎の現場日誌

1 / 10312345...102030...最後 »

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-42-5039受付時間 8:00~17:00 日曜定休

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!