塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! ヨメ次郎の現場日誌

HOME > ヨメ次郎の現場日誌

塗装の片山のヨメ次郎の現場日誌 記事一覧

屋根のカバー工法を解説!

みなさまこんにちはー、㈱片山 の       ヨメ次郎です(*´ω`*)         今日は梅雨らしい、ムシムシしたお天気になっておりますねぇ こう湿度が高いと、熱中症になりやすいそうなので、みなさまお気をつけくださいませね。   はー、暑い暑い💦     さて、今朝から湖の向こう側まで足を延ばしてカントクしてきた現場は、   屋根のカバー工法     でした!   折角なので、少し解説してみたいと思います。     ①アスファルトルーフィングを張る   まずはルーフィング(防水シート)を張ります。 今回は「カバー工法」を採用したので、もともとのカラーベストははがしたりしません。既存のカラーベストの上に、直接張っていくのです~ ちなみに、水の流れを考慮してへりのほうから張っていくのがセオリーです。     それから、1本のロール状になっているルーフィング。 3本白い線が確認できると思いますが、端の2本は、重ねしろの目印です。 便利!!       ②スターター取付   端っこ、へりのところに「スターター」とよばれる部材を取り付けます。     ③既存の部材のうち、外すべきものを外す おうちの屋根がどういう仕舞いになっているかで少しずつ状況は変わりますが、こひらのお宅の場合はてっぺんの棟板金を外す形になります。     板金が外れたところ。こんなところを見られることはまずないので面白いですよね~( *´艸`) あ、私は時々お目にかかりますが、やっぱり毎日見るものでもないので面白いです(笑)   完全に外れました。     外れたら、ルーフィングを張ります。 テレビアンテナの脚が邪魔になる場合、こうやって持ち上げて施工します。     棟板金の部分のルーフィングの仕舞ができました~   ③屋根材を葺いていく     いよいよ屋根材を葺いていきます。     材料はこちら。   凹凸部分は形状に合わせて電ノコでカットします。 現場加工も必要になってきますね~   葺いている途中。 横から見るとこんなかんじになってまして…       よく見ると、こうやって材料同士がひっかかるように設計されているのがわかります。 あとは専用のビスで固定していく作業を繰り返します。 これも、水の流れを考慮して、へりから頂点に向かって、葺きあがっていくようになっています。   棟の仕舞いなどはまたお届けできたらいいなぁと思いますが( ̄▽ ̄)       今日はここまででーす       ヨメ次郎EYE👀   でのリポートなので、かなりマニアックですが(笑)     もしカバー工法が気になる方がいらっしゃれば、こんなかんじでやってますよー、というのが伝われば幸せにございます(^-^)           弊社外壁塗装はこちら   2021年06月14日 更新

ヨメ次郎の現場日誌

木部の仕上げ方

みなさまこんにちは、㈱片山の       ヨメ次郎です(*´ω`*)   今日は思ったより雲が厚くて、予報より早く雨が降るんじゃないかなぁなんて予想してます。 みなさまいかがお過ごしですか?   暑かったり肌寒かったりして体調を崩す方も多くなってきました、お気をつけくださいね。       今日は午前中、大津市の南小松というところへお伺いしてきました。 来週着工するお宅の最終打ち合わせです~   お施主様にお話し聞いてたら、 「やっとコロナのワクチンの順番が回ってきた」   とのこと。 「良かったですねぇ。一安心できますねぇ」 なんて言ってたら、 「ただなぁ、接種会場が遠くて…」と仰ってました。 クルマで1時間かかるところまで行くことになったそうで、これはなかなか大仕事ですよね…   ワクチン接種、無事に終わるといいですね。       さて、とあるお宅です。 軒天の一部がこんな感じで木部と、プリント板での構成。     こういう場合、プリント板は塗りつぶすのが片山さんではスタンダードです。 木目を残すのは難しい状態のことが多いので… 木部とプリント板で色を分けることができる場合とできない場合があるので、そこは相談させていただきながら決めます。 こちらのお宅は同じ色で仕上げるという方法をチョイスなさいました。   ⇩施工前   ⇩施工後       こんな仕上がりになります。 きれいになりましたよねΣ(・ω・ノ)ノ! びっくりします(笑) 色も自然な感じになって、違和感もなく、お施主様も喜んでくださっています。     木はきれいにしあげるにはコツがいくつかあるので、ちょと難しいのです( *´艸`) だがしかし!! そこはうちの職人さんなのでやっぱりきれい。   うん。       弊社外壁塗装HPはこちら   2021年06月03日 更新

ヨメ次郎の現場日誌

おうち一軒塗りはじめから塗りおわりまで

みなさまこんにちは、㈱片山の       ヨメ次郎です(*´ω`*)       梅雨らしいお天気が続きますね。 ひょっとすると、雨の間はほっと一息ついてね、という神様からのごほうびかもしれませんねー。 ちょっとゆっくり、コーヒーでもいただきながら休憩しましょう( *´艸`)     さて、タイトルですが、家一軒の塗り始めから塗り終わりまで、、一気にご覧いただこう!     という単なる思い付きです(笑)       ではいってみましょー!!         まずは洗浄!! 片山さんの場合、バイオ洗剤という植物由来の洗剤を使って、苔や藻を根っこから弱らせてしまう作戦です。   洗浄作業日は午前中だけでもご在宅いただくようお願いしています。 たまに施錠し忘れて、おうちの中が水浸し…なんてことがあったり ごくたまに、雨漏れが!!なんてこともあるためです。   このあと、養生を外すまではお洗濯ものやお布団干しなどはベランダを避けていただくことになります。   養生作業(ビニールやテープで窓などを覆う作業)をしたら、 下塗りを始めていきます。 写真は樋の裏、ここを「鼻隠し」といいます。樋がなければ「破風」。   樋にも下塗りを塗ります。 下塗りが塗れたら 1回目の上塗りです。 もし塗装対象がスチールだったりすると、下塗りには錆止めを使うなど対応が変わってきます。   職人さんの脚が(笑)       途中、こういったところを見つけては補修したりします。   付帯物に2回目の上塗りを塗ります。 付帯物はこれで完成。       軒天1回目です。 防カビ塗料だったり、虫よけの効果のある塗料だったり、お施主様のご希望により選べます。 虫除け効果の               外壁に1回目の下塗りを塗ります。 ここでは透明のシーラーを。 シーラーの役割は、下地までしみ込んで、下地の中から状態を良くして固めること。 そして密着力のアップです。 シーラー、だいじです。   シーラーが乾いたら2回目の下塗り。 ここではもともとがスタッコ吹付だったので、フィラーを使います。   下塗りを2回塗ることで、 厚みが出たり、長持ちしてくれたりします。発色も艶もきれいに出ますし。 片山さんではそういうことを重視してご提案をするのですね。 同じ材料を使っても、差は出ます。     ここまできてやっと1回目の上塗りです… 長い(笑)   塗り始めると早いですが、やっぱり準備に時間かかるんですよね。。。 養生して、補修して、…段取り命です。     2回目の上塗りです。 これが終わって、塗料が乾いたら養生を外せますよ!!               その他、付帯する場所も見積の範囲内できれいに塗っていきます。     今回は玄関ドアがスチールだったので、この機会にとのご希望で吹き付けで仕上げました。     軒天もきれい。部材と部材のキワのところもラインがきれいですねぇ( *´艸`)       こんな感じできれいに仕上がっております! あとは年に1度のアフター検査にお伺いして問題なく経過してくれるのを観察していきます(^-^)       弊社外壁塗装HPはこちら 2021年05月22日 更新

ヨメ次郎の現場日誌

梅雨入りです(゚Д゚;)!!

みなさまおはようございます。   ㈱片山 の     ヨメ次郎です(*´ω`*)       前回のブログが3月末…!! ひと月以上空いてしまいましたね。 このブログ始めてから一番さぼってたかも…(;´д`)     反省反省…💦       近畿地方、梅雨入りしましたね!?   例年より3週間ほど早く、観測史上最速、だそうで。 そのぶん早く梅雨明けするといいですね(^-^)   去年みたいな長雨は遠慮申し上げたいです(笑)       さてさて、現場は(今日はほとんど空けますが)動いていて、特に土曜日までにある程度進めなくちゃ、と各職人さんが頑張って進めてくれています。 屋根だけはなんとか仕上げたで~、という職人さんもいたり 日曜日も出て、雨のかからない軒天を仕上げたで、という職人さんがいたり   それぞれが現場の状況、進捗をお天気と相談しながら進めてくれています。     こちらは草津の現場です。 この日は外壁の下塗りと   屋根の中塗りをしてくれていました。     こういう風に、屋根に足場が乗っている場合、洗浄にしても塗装にしてもその都度部材を上げて作業します。 塗装の時は先にこの部分を塗っておいて、乾いたタイミングを見計らってまたおろして固定する という作業を繰り返すことになります。     こちらの現場も昨日の報告によれば屋根は終わってて、外壁も中塗りまで終わったよ、とのことなので 外壁が仕上がってくると、もうひといき、という感じでしょうか。   楽しみです(^-^)         弊社外壁塗装HPはこちら       2021年05月17日 更新

ヨメ次郎の現場日誌

大津イベント いよいよ今週末です~♪

みなさまこんにちは、     ㈱片山の       ヨメ次郎です(*´ω`*)     さくらの便りがあちこちから聞こえてきてますねぇ♪ 春です、春( *´艸`)       1年ぶりの片山さんちのイベントもいよいよ今週末に迫ってきました。 おかげ様で、ご予約をたくさんいただいております!   ありがとうございます~m(__)m     まだ若干、空きもございますのでよろしければ是非お電話くださいね。 色々特典もご用意してますので(うふふ)   どうしても時間が読めない…!!   という方も、直前でも構いませんので是非足を運んでみてください。           当日は晴れるといいなぁ( *´艸`)         弊社外壁塗装HPはこちら 2021年03月22日 更新

ヨメ次郎の現場日誌

1年ぶり!!でイベントやります!!来てね!!( *´艸`)

みなさまこんにちは、     ㈱片山の         ヨメ次郎です(*´ω`*)     なんだかここ数日一気に春めいて、さくらの開花情報なんかもニュースで見聞きするようになって     なんだかふわふわしますね( *´艸`) あたたかくて、 こころが少し軽いような あちこちで梅が咲いて、水仙が咲いて、沈丁花の香りもして、     なんだかちょっと、いい気分。 春ですねぇ。       さて、タイトルにもありますが、   3月27日、28日、29日の3日間、 北大津SRでイベントを開催します!!   210308_片山様_大津SR1周年記念チラシ_4稿     なんとなんと1年ぶりです~💦 長かった💦     昨今の事情も考慮して、   予約制を取らせていただきました。 密にならないようにするためです。ご了承くださいませね。 予約をお取りになりたい方は、弊社までその旨お伝えいただければご予約を承ります。     まだ本格的にお考えでなくて、そのうちなぁ…と思っていらっしゃる方も そろそろやらねば…と思っていらっしゃる方も ほかですでに見積りをされている方も 訪問販売の業者さんが来た…!!うちもやらないかん!?と心配になってる方も     比較材料としてくださって結構ですので、いちど足を運んでいただければと思います(∩´∀`)∩             社長と北大津SR店長が首をながーーーーーーーーーーーーーーーーーくしてお待ちしております(笑)   塗装に関しては相当知識経験豊富なので、相談ごとも、何かしらの答えは出せると思いますので       是非!       楽しい3日間にしたいですね!!     ご連絡、お待ちしておりまーす (∩´∀`)∩         弊社外壁塗装HPはこちら 2021年03月15日 更新

ヨメ次郎の現場日誌

3月です( *´艸`) 春はすぐそこ♡

みなさまおはようございます、㈱片山 の     ヨメ次郎です(*´ω`*)       ついに3月に突入です。 みなさまいかがお過ごしでしょうか。 今朝はひんやりした空気で気持ちよかったですねぇ。 真冬ほどの寒さはないものの、 気が引き締まる程度の冷気は感じられて、日中のあたたかさが期待dきる、そんな空気でした。   近畿・関西圏の緊急事態宣言の解除もなされて、なんとなくふわっと、きもちが浮上する感じも ありますね。       だがしかし!!     感染予防の対策は個々が気をつけながら、うまくコロナと付き合っていくような雰囲気になってくれたらな、と思っております~       春だもの( *´艸`)     そろそろ職人さんもカラダが動きやすくなる季節。   今月も安全第一でがんばりまっす!!           京都のとある神社で咲き始めていた梅の花です~ 梅の香り、すごく好きなんですよね~   お花も可愛かった( *´艸`)   こういうものにも力をいただけるってありがたいことです     さ、仕事仕事♪         弊社外壁塗装HPはこちら     2021年03月01日 更新

ヨメ次郎の現場日誌

金属サイディング5割くらい進んでおりまする

みなさまこんにちは、㈱片山 の       ヨメ次郎です(*´ω`*)       ほぼサイディング張りのおうちです~ まずは使用材料に間違いがないか確認~   よっしOKです( ̄▽ ̄)   次は取付状況など…       コーナー部分には「役物」とよばれる部材を取り付けます。 これに金属サイディングをはめこんでいくわけですね。       役物取付作業の様子です   横から見るとこんな形のものです。       弊社外壁塗装HPはこちら   2021年02月24日 更新

ヨメ次郎の現場日誌

外壁のチョーキング

滋賀県で実際に起きている!訪問販売業者に注意!|滋賀の大津市、東近江市、野洲市の外壁塗装、屋根塗装専門店片山

「滋賀県大津市、東近江市、野洲市等で悪質な訪問販売業者が増えています!」 ※これは、大津市にお住まいのとあるお客様からのお悩み相談をもとに原稿作成をしています。   ある日、ピンポーン! とチャイムが鳴り、 「近所で土木工事を行なっていまして、その挨拶で来ました~」 どちらさんとお聞きしても、「近所で工事を行なっている業者です」としか返ってきません。 (最初に、玄関まで出てきてもらうために、嘘を言ってくる手口が、現在横行しています。)   そして、玄関に出てくると、「近所で工事を行なっているのですが、そのご挨拶と、お宅のお家で気になるところがあるのでお話させていただきたいのですが~」と始まります。   そして、「お家の外壁と屋根の調査だけなら無料なので、今のうちに調査だけでもしておきませんか~?」という話が展開されます。 30分ほどしたら、またピンポーンとチャイムが鳴りました。   そして、「調査終了しました。このお家なら外壁塗装、屋根塗装を入れて150万円くらいですね~」と聞いてもいない金額のことを話してきました。 さらに、「今なら見積もりも無料で作っていますので、この機会にぜひ見積もりだけでもどうですか?」と聞いてきました。   最初は、お断りしようと思って、「今は大丈夫ですので~」とお話をすると、 「そうですか!ありがとうございます!今、見積りを取るの良いタイミングですよ!」と断っている言葉を逆手に取って、先に話を薦められました。 あまりに強引だったので、「それなら見積もりだけでも、、、」とお願いしたのが地獄の始まりでした。   ピンポーン。3回目のチャイムが鳴ります。 「こんにちは!この間の●●(個人名)です!」と聞いたことのない方のお名前を名乗られました。 玄関に出ると、この間の大津市の訪問販売業者さんでした。   「こんにちは!この間依頼された外壁塗装、屋根塗装の見積もりを持ってきました。ぜひ見てもらいたいので、玄関でも構わないのでお家に入らさせて頂いて良いですか?」 と強引に家の中に入ってきました。 そして、玄関で話をすると思いきや、「お邪魔します。玄関だとあれなので、中でお話をさせてくれませんか?ちょっと寒いですもんね」とリビングに上がり込もうとしてきます。 「ちょっとさすがに困ります。」とお断りすると、「それでしたら玄関先でも大丈夫ですよ。ただ寒いですよね」と恩着せがましく言ってきました。 私もここで完全にお断りすれば良かったと後悔しています。 「この間、お見積り依頼いただいた外壁塗装、屋根塗装の見積もりの件なんですけどね。外壁の傷みが思った以上に激しくて、ここはこういう処理で~(記憶が曖昧です。時間にして30分は説明があったと思います)。それでこの金額になります。 」 と220万円の見積もりを提示されました。そして、すかさず、 「奥さん。これって高いと思いますか?安いと思いますか?」と質問されました。 「正直、高いんじゃないですかね。私は分からないです。」と答えると、 「私も良い金額だと思います。それで、大体どのくらいだったら外壁塗装、屋根塗装をしますか?」と質問がありました。 「私は今回はやらないので」とキッパリお伝えすると、 「そうですか。でも、今の外壁の状態はこうで~、屋根の状態はこうで~、雨漏りして~、柱が腐って白アリが来て~」と恐怖心を煽る言葉ばかりを投げかけられました。   そして、「この間、お見積り依頼いただいた外壁塗装、屋根塗装の見積もりはこれになりますので」と食い下がってきます。 さすがに、この時点で2時間ちかくになったので、「もう遅いですし、お断りします」と伝えると、また同じ説明が繰り返されました。 そして、2時間が経ちました。 私は「正直迷惑なんです!何時だと思っているんですか!もう夕方ですよ!ご飯の支度とかあるし、主人も帰ってくるし」と伝えると、 「私も奥さんとお話をさせていただいて、これからっていう時なんです。あ!ご主人も帰ってこられるんだったら、御主人にもお話をお聞きいただきましょう」と言ってきます。 そして、主人が帰ってきました。 「あ!ご主人おかえりなさい!奥さんから見積もり依頼があった外壁塗装、屋根塗装の件でお話をしているところです」 というので、また2時間の説明がありました。   主人も相当滅入っているような感じとなり、訪問販売の営業マンから、 「塗装会社の●●さんってご存知ですか?私のところは、●●さんよりこだわって品質の高い工事をしているのに、これでも金額は安いんですよ。自信を持っています。そして、今日決めてくれるんなら、外壁塗装、屋根塗装のこの見積もりより、50万円引かせていただきます。これで納得してくれませんか?私もこの地域でモニターになっていただきたいですし、一生懸命頑張ってこれなんですよ!これ以上だと上司に相談することになりますし、私も上司と連絡がつかないと帰れなくなりますので。」ときました。 そこで、「分かりました。もう契約します。契約したらかえってくれるんですよね?」と言うと、 「ようやくお話の内容に納得いただけましたか。ありがとうございます。私もご訪問して熱心に説明させていただいた甲斐がありました」と返答がありました。 心の中では、「やっと帰ってくれる。でもこれって違法なんじゃないかしら、、、」となぜか私が悪者みたいな感じで話が進められました。   やっと訪問販売の営業マンが帰ってくれました。 ただ、私の夫はこのような契約の知識があり、訪問販売業者で、家で契約をした場合、8日以内ならクーリングオフができる事を知っていたので、クーリングオフをすることができ、訪問販売業者の被害はありませんでした。   そして、話の中で出てきた●●さんという業者を探すことにしました。 そしたら家の近くに塗装専門店があることに気が付きました。     以上。弊社にお問合せくださったお客様からのご相談内容でした。 いかがだったでしょうか。これは飾ることなく、大津市で実際に起こった訪問販売業者の事例です。 弊社にはこのようなお問合せが、毎月大津市だけで10件以上電話がかかってきます。その内容は、大体同じです。   この訪問販売業者の事例から分かることは、訪問販売できた業者は選ばない事です。   ただ、訪問販売業者にも2種類いまして、 1つは地道な努力でお客様を開拓している訪問販売業者、もう一つは、テレビのワイドショーなどで話題になっている、悪質な訪問販売業者です。毎年増え続ける、外壁塗装、屋根塗装の悪徳業者による被害。その手口は巧妙です。 台本というマニュアルがあるかのように、狙った相手によってそのシナリオを使い分け、巧妙にアプローチを重ねます。悪徳業者は塗装に関しては専門知識がない素人集団ですが、どんなものでも売り込むことに関しては敏腕なプロの営業集団です。こちらをお読みいただき注意していきましょう! 防御法1「セールスお断り」のプレートを家の前に貼らない 滋賀県の各家庭の郵便受けの近くで見かける「セールスお断り」の文言プレートを付けていませんか? 不要な訪問販売は面倒くさいと理由もあってつけられているのでしょうが、 実は悪徳な訪問販売業者から見ると、「私はセールスに弱い」と伝えているようなものです。 「断れない」「売り込みに弱い」という事を伝えてしまい、「強引にいけば契約できる家」と思われてしまいます。 今回の方も同じプレートを家に付けていました。 「セールスお断り」のプレートを付けているお家は、訪問販売のターゲットになってしまう可能性があるので、もし、このプレートを貼っているなら外すことをオススメします。   防御法2お年寄りの一人暮らしだと分かるものを家の外に置かない 外壁塗装、屋根塗装の悪徳な訪問販売業者にとっては、高齢者のお家を格好のターゲットにしています。 たとえば、傘立てにお年寄りが使うような傘が1本だけとか、杖が立っている場合、訪問販売業者に目をつけられやすくなります。 もしあなたのご両親やご親戚の方が、家に1人で住んでいる場合、なるべくそれを悟られないようにしてください。   なぜなら、外壁塗装、屋根塗装の悪徳な訪問販売業者は、大家族が苦手なのです。特に、インターネットやスマートフォンなどで即座に情報を集めることができる世代が同居していると、自分の手口がすぐにばれてしまうからです。だから大家族を嫌がるのです。 そのため、傘立てにはたくさんの傘を立てておく事であったり、できれば若い人や子供が使うような傘を加えるなど、バラエティに富んでいるほうが効果的なので、それを設置するようにしましょう。   防御法3玄関に入れない 外壁塗装、屋根塗装の訪問販売の営業マンは絶対に玄関にいれてはいけません。 今回の方のように4時間粘られて根負けして、契約をすることになります。今回はクーリングオフできたので良いですが、普通はクーリングオフできる事を知らないので、お金を支払ってしまうことになります。 そのためmこちらからすれば、玄関に入れないことが最大の防御になり、インターホンで玄関の扉越しに応対しましょう。   もし、その訪問販売業者が外壁塗装、屋根塗装を勧める業者であれば「親戚が工務店、塗装店だから、そこにお願いしています」と断ってください。これでほとんどの相手は退散します。 外壁塗装、屋根塗装に限らず、その他のセールスにも応用できますので、ぜひ使ってみてください!   防御法4その場ですぐに決めない 外壁塗装、屋根塗装の訪問販売の中には、良心的な業者がいないわけではありませんので、契約をしてはいけないと言っているわけではありません。ただ即決だけはやめましょう。 自分の判断だけで決めるのではなく、必ず家族と相談するようにしてください。契約に至った場合でも、できれば家族に同席してもらい、ご本人とご家族が納得した上で契約することをお勧めします。 いくら外壁塗装、屋根塗装において緊急性をあおられても、大幅な値引きをされても、自分だけの判断で、その場で決めてしまうのは危険です。外壁塗装、屋根塗装の悪徳業者はとにかく急いで契約させてきます。即日契約、即日値引き、短期間工事、すぐに集金、工事が終わればさようなら。取れるものは、すぐに取って、さっさとその場を立ち去ろうという、商魂たくましい訪問販売業者です。そのための手抜き工事や塗料のごまかし、人件費や材料費の上乗せなどはお手のもの。 もし、身内やご親戚に一人暮らしの高齢者がいらっしゃるなら、時々様子を見たりお話を聞いたりして、注意を払ってあげてください。外壁塗装、屋根塗装に限らず、ご高齢の方は狙われやすく、実際にさまざまなトラブルに巻き込まれやすいのです。ともかく、何の契約をするにしても、即決と独断、これだけは避けるようにしてください。   弊社にもし、外壁塗装、屋根塗装のご相談をされたい方は、お気軽にご相談ください! 2021年02月22日 更新

塗装工事 失敗した方の話

1 / 10512345...102030...最後 »

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-42-5039受付時間 8:00~17:00 日曜定休

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!