塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! ヨメ次郎の現場日誌

HOME > ヨメ次郎の現場日誌 > 塗装工事 失敗した方の話 > 滋賀県で実際に起きている!訪問販売業者に注意!|滋賀の大津…

滋賀県で実際に起きている!訪問販売業者に注意!|滋賀の大津市、東近江市、野洲市の外壁塗装、屋根塗装専門店片山

塗装工事 失敗した方の話 2020.03.05 (Thu) 更新

「滋賀県大津市、東近江市、野洲市等で悪質な訪問販売業者が増えています!」

※これは、大津市にお住まいのとあるお客様からのお悩み相談をもとに原稿作成をしています。

 

ある日、ピンポーン! とチャイムが鳴り、

「近所で土木工事を行なっていまして、その挨拶で来ました~」

どちらさんとお聞きしても、「近所で工事を行なっている業者です」としか返ってきません。

(最初に、玄関まで出てきてもらうために、嘘を言ってくる手口が、現在横行しています。)

 

そして、玄関に出てくると、「近所で工事を行なっているのですが、そのご挨拶と、お宅のお家で気になるところがあるのでお話させていただきたいのですが~」と始まります。

 

そして、「お家の外壁と屋根の調査だけなら無料なので、今のうちに調査だけでもしておきませんか~?」という話が展開されます。

30分ほどしたら、またピンポーンとチャイムが鳴りました。

 

そして、「調査終了しました。このお家なら外壁塗装、屋根塗装を入れて150万円くらいですね~」と聞いてもいない金額のことを話してきました。

さらに、「今なら見積もりも無料で作っていますので、この機会にぜひ見積もりだけでもどうですか?」と聞いてきました。

 

最初は、お断りしようと思って、「今は大丈夫ですので~」とお話をすると、

「そうですか!ありがとうございます!今、見積りを取るの良いタイミングですよ!」と断っている言葉を逆手に取って、先に話を薦められました。

あまりに強引だったので、「それなら見積もりだけでも、、、」とお願いしたのが地獄の始まりでした。

 

ピンポーン。3回目のチャイムが鳴ります。

「こんにちは!この間の●●(個人名)です!」と聞いたことのない方のお名前を名乗られました。

玄関に出ると、この間の大津市の訪問販売業者さんでした。

 

「こんにちは!この間依頼された外壁塗装、屋根塗装の見積もりを持ってきました。ぜひ見てもらいたいので、玄関でも構わないのでお家に入らさせて頂いて良いですか?」

と強引に家の中に入ってきました。

そして、玄関で話をすると思いきや、「お邪魔します。玄関だとあれなので、中でお話をさせてくれませんか?ちょっと寒いですもんね」とリビングに上がり込もうとしてきます。

「ちょっとさすがに困ります。」とお断りすると、「それでしたら玄関先でも大丈夫ですよ。ただ寒いですよね」と恩着せがましく言ってきました。

私もここで完全にお断りすれば良かったと後悔しています。

「この間、お見積り依頼いただいた外壁塗装、屋根塗装の見積もりの件なんですけどね。外壁の傷みが思った以上に激しくて、ここはこういう処理で~(記憶が曖昧です。時間にして30分は説明があったと思います)。それでこの金額になります。 」

と220万円の見積もりを提示されました。そして、すかさず、

「奥さん。これって高いと思いますか?安いと思いますか?」と質問されました。

「正直、高いんじゃないですかね。私は分からないです。」と答えると、

「私も良い金額だと思います。それで、大体どのくらいだったら外壁塗装、屋根塗装をしますか?」と質問がありました。

「私は今回はやらないので」とキッパリお伝えすると、

「そうですか。でも、今の外壁の状態はこうで~、屋根の状態はこうで~、雨漏りして~、柱が腐って白アリが来て~」と恐怖心を煽る言葉ばかりを投げかけられました。

 

そして、「この間、お見積り依頼いただいた外壁塗装、屋根塗装の見積もりはこれになりますので」と食い下がってきます。

さすがに、この時点で2時間ちかくになったので、「もう遅いですし、お断りします」と伝えると、また同じ説明が繰り返されました。

そして、2時間が経ちました。

私は「正直迷惑なんです!何時だと思っているんですか!もう夕方ですよ!ご飯の支度とかあるし、主人も帰ってくるし」と伝えると、

「私も奥さんとお話をさせていただいて、これからっていう時なんです。あ!ご主人も帰ってこられるんだったら、御主人にもお話をお聞きいただきましょう」と言ってきます。

そして、主人が帰ってきました。

「あ!ご主人おかえりなさい!奥さんから見積もり依頼があった外壁塗装、屋根塗装の件でお話をしているところです」

というので、また2時間の説明がありました。

 

主人も相当滅入っているような感じとなり、訪問販売の営業マンから、

「塗装会社の●●さんってご存知ですか?私のところは、●●さんよりこだわって品質の高い工事をしているのに、これでも金額は安いんですよ。自信を持っています。そして、今日決めてくれるんなら、外壁塗装、屋根塗装のこの見積もりより、50万円引かせていただきます。これで納得してくれませんか?私もこの地域でモニターになっていただきたいですし、一生懸命頑張ってこれなんですよ!これ以上だと上司に相談することになりますし、私も上司と連絡がつかないと帰れなくなりますので。」ときました。

そこで、「分かりました。もう契約します。契約したらかえってくれるんですよね?」と言うと、

「ようやくお話の内容に納得いただけましたか。ありがとうございます。私もご訪問して熱心に説明させていただいた甲斐がありました」と返答がありました。

心の中では、「やっと帰ってくれる。でもこれって違法なんじゃないかしら、、、」となぜか私が悪者みたいな感じで話が進められました。

 

やっと訪問販売の営業マンが帰ってくれました。

ただ、私の夫はこのような契約の知識があり、訪問販売業者で、家で契約をした場合、8日以内ならクーリングオフができる事を知っていたので、クーリングオフをすることができ、訪問販売業者の被害はありませんでした。

 

そして、話の中で出てきた●●さんという業者を探すことにしました。

そしたら家の近くに塗装専門店があることに気が付きました。

 

 

以上。弊社にお問合せくださったお客様からのご相談内容でした。

いかがだったでしょうか。これは飾ることなく、大津市で実際に起こった訪問販売業者の事例です。

弊社にはこのようなお問合せが、毎月大津市だけで10件以上電話がかかってきます。その内容は、大体同じです。

 

この訪問販売業者の事例から分かることは、訪問販売できた業者は選ばない事です。

 

ただ、訪問販売業者にも2種類いまして、

1つは地道な努力でお客様を開拓している訪問販売業者、もう一つは、テレビのワイドショーなどで話題になっている、悪質な訪問販売業者です。毎年増え続ける、外壁塗装、屋根塗装の悪徳業者による被害。その手口は巧妙です。

台本というマニュアルがあるかのように、狙った相手によってそのシナリオを使い分け、巧妙にアプローチを重ねます。悪徳業者は塗装に関しては専門知識がない素人集団ですが、どんなものでも売り込むことに関しては敏腕なプロの営業集団です。こちらをお読みいただき注意していきましょう!

防御法1「セールスお断り」のプレートを家の前に貼らない

滋賀県の各家庭の郵便受けの近くで見かける「セールスお断り」の文言プレートを付けていませんか?

不要な訪問販売は面倒くさいと理由もあってつけられているのでしょうが、

実は悪徳な訪問販売業者から見ると、「私はセールスに弱い」と伝えているようなものです。

「断れない」「売り込みに弱い」という事を伝えてしまい、「強引にいけば契約できる家」と思われてしまいます。

今回の方も同じプレートを家に付けていました。

「セールスお断り」のプレートを付けているお家は、訪問販売のターゲットになってしまう可能性があるので、
もし、このプレートを貼っているなら外すことをオススメします。

 

防御法2お年寄りの一人暮らしだと分かるものを家の外に置かない

外壁塗装、屋根塗装の悪徳な訪問販売業者にとっては、高齢者のお家を格好のターゲットにしています。

たとえば、傘立てにお年寄りが使うような傘が1本だけとか、杖が立っている場合、訪問販売業者に目をつけられやすくなります。

もしあなたのご両親やご親戚の方が、家に1人で住んでいる場合、なるべくそれを悟られないようにしてください。

 

なぜなら、外壁塗装、屋根塗装の悪徳な訪問販売業者は、大家族が苦手なのです。
特に、インターネットやスマートフォンなどで即座に情報を集めることができる世代が同居していると、自分の手口がすぐにばれてしまうからです。だから大家族を嫌がるのです。

そのため、傘立てにはたくさんの傘を立てておく事であったり、できれば若い人や子供が使うような傘を加えるなど、バラエティに富んでいるほうが効果的なので、それを設置するようにしましょう。

 

防御法3玄関に入れない

外壁塗装、屋根塗装の訪問販売の営業マンは絶対に玄関にいれてはいけません。

今回の方のように4時間粘られて根負けして、契約をすることになります。今回はクーリングオフできたので良いですが、普通はクーリングオフできる事を知らないので、お金を支払ってしまうことになります。

そのためmこちらからすれば、玄関に入れないことが最大の防御になり、インターホンで玄関の扉越しに応対しましょう。

 

もし、その訪問販売業者が外壁塗装、屋根塗装を勧める業者であれば
「親戚が工務店、塗装店だから、そこにお願いしています」と断ってください。これでほとんどの相手は退散します。

外壁塗装、屋根塗装に限らず、その他のセールスにも応用できますので、ぜひ使ってみてください!

 

防御法4その場ですぐに決めない

外壁塗装、屋根塗装の訪問販売の中には、良心的な業者がいないわけではありませんので、契約をしてはいけないと言っているわけではありません。
ただ即決だけはやめましょう。

自分の判断だけで決めるのではなく、必ず家族と相談するようにしてください。契約に至った場合でも、できれば家族に同席してもらい、ご本人とご家族が納得した上で契約することをお勧めします。

いくら外壁塗装、屋根塗装において緊急性をあおられても、大幅な値引きをされても、自分だけの判断で、その場で決めてしまうのは危険です。
外壁塗装、屋根塗装の悪徳業者はとにかく急いで契約させてきます。
即日契約、即日値引き、短期間工事、すぐに集金、工事が終わればさようなら。
取れるものは、すぐに取って、さっさとその場を立ち去ろうという、商魂たくましい訪問販売業者です。
そのための手抜き工事や塗料のごまかし、人件費や材料費の上乗せなどはお手のもの。

もし、身内やご親戚に一人暮らしの高齢者がいらっしゃるなら、時々様子を見たりお話を聞いたりして、注意を払ってあげてください。外壁塗装、屋根塗装に限らず、ご高齢の方は狙われやすく、実際にさまざまなトラブルに巻き込まれやすいのです。
ともかく、何の契約をするにしても、即決と独断、これだけは避けるようにしてください。

 

弊社にもし、外壁塗装、屋根塗装のご相談をされたい方は、お気軽にご相談ください!

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-42-5039受付時間 8:00~17:00 日曜定休

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!