塗装屋二代目のヨメとして8年、そして住宅営業マンとして4年の「ヨメ次郎」が「奥様目線」で日々思うことをつづります。なるべく専門用語でない、わかりやすい言葉で伝えられたら…
「塗装ってオモシロイ!」と思って頂ければ幸いです。

[プロフィール]

片山 三樹(かたやま みき)
株式会社片山 営業
提案だけでなく、実際に工事現場にも出向き、工事が完了するまでお客様のサポートをしています。二代目片山銀次郎のヨメとして日々奮闘中。元気いっぱいの3人娘の子育ても頑張っています。

[所持資格]

  • 危険物取扱主任者 乙類第四類
  • 2級土木施工管理技士(鋼構造物)
  • 窯業サイディング塗替診断士

永源寺でコーキング |滋賀県東近江市の外壁塗装&雨漏り専門店 片山

2017.5.19

みなさまこんばんは~ 滋賀県東近江市にある外壁塗装&雨漏り専門店 片山 の

 

 

ヨメ次郎です(*^_^*)

 

 

今日は急に暑くなりましたね!! 職人さんたちも今日はお疲れの様子でした~

DSCF7577

 

↑コーキング工事は打ち替えの場合

①旧のコーキングを撤去

②撤去した部分の両端をマスキングテープで養生

③プライマーを塗る

④新しいコーキング材を充填、ヘラなどで表面を均す

⑤コーキングが乾かないうちにテープを取る

 

・・・と、こんな手順で行います。

写真はマスキングテープを貼っているところです。

 

DSCF7573

 

↑②までが終わった状態を正面から見るとこんな感じになります。

バックアップ材も見えますね。

 

バックアップ材は・・・3点接着をさせないための部材です・・・コーキングは外壁材だけにくっついているのが良い状態です。 もし外壁材の奥にある下地材にもくっついてしまうと、躯体の動きについていけなくなって切れてしまうので、下地との接触を避けるための部材です。

 

上手に説明できてない気がするんですが・・・(^_^;)

 

DSCF7574

 

↑マスキングが終わったらこんな状態になります。

今日はこの状態で終わって、明日、打ち込みます。 ここまでが下準備。

 

DSCF7576

 

↑このマスキングテープを貼る作業、じつは仕上がりにかなり関わります。

特に今回は上から塗装をしないので、「化粧打ち」とよばれる打ち方をします。

コーキングの色は外壁と合わせた色に。

仕上がりも特に気を使いながらの仕事になります。

 

こちらのお宅の外壁も凸凹がたくさんあるので、職人さんたちはその凸凹に、マスキングテープが浮かないように指に力をこめてひたすら貼り進めていきます。

 

 

 

明日は打ち込みです。

 

 

 

 

弊社外壁塗装HPはこちら