塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! ヨメ次郎の現場日誌

HOME > ヨメ次郎の現場日誌 > ヨメ次郎の現場日誌 > 外壁サイディングでよくクラックが発生するポイント |滋賀県…

外壁サイディングでよくクラックが発生するポイント |滋賀県守山市で外壁サイディング塗装 外壁塗装専門店 片山

ヨメ次郎の現場日誌 2018.08.14 (Tue) 更新

みなさまこんばんは、滋賀県守山市で外壁サイディング塗装

外壁塗装専門店 片山 の

 

 

 

ヨメ次郎です(*’ω’*)

 

 

 

外壁材として、今主流のサイディング。

 

よくクラック(ひびわれ)が発生するポイントというのがいくつかありまして。

 

 

 

こういう部分です。

サイディングを釘で留めてある場合、サイディングの端に近かったりすると経年劣化も手伝って

クラックが発生しやすくなります。

 

こうしたクラックには

 

 

コーキングなどで補修をしてあげます。

 

 

クラックは補修が可能なことが多いですが、

「反り」 は補修できません。

 

釘を増し打ちして・・・とおっしゃる方もいますが、反ってしまったサイディングは「反った形」に

なってしまっているのでへたに釘を打ったりすることで、逆に割れたりするリスクが出てきます。

 

 

ので、おススメしません・・・

 

 

今回はサイディングの補修方法をお伝えしたので、ALCやモルタルの場合の補修方法も

そのうちご紹介できたらなぁ、と思っています。

 

 

・・・ていうか聞きたいんだろうか・・・(笑)

 

 

半分オタクの独り言みたいになってきた気がします~(;´・ω・)ダイジョブかな・・・

 

 

 

 

 

弊社外壁塗装HPはこちら

 

 

 

 

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-42-5039受付時間 8:00~17:00 日曜定休

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!