塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! ヨメ次郎の現場日誌

HOME > ヨメ次郎の現場日誌 > ヨメ次郎の現場日誌 > 軒天のケイカルを垂れ軒天に使った場合・・・ |滋賀県長浜市…

軒天のケイカルを垂れ軒天に使った場合・・・ |滋賀県長浜市で塗装施工中の外壁塗装&雨漏り専門店 片山

ヨメ次郎の現場日誌 2018.08.12 (Sun) 更新

みなさまこんにちは~、滋賀県長浜市で外壁塗装施工中の 片山 の

 

 

ヨメ次郎です(*’ω’*)

 

 

 

 

長浜市・・・能登川からだと1時間くらいですね

山本山の付近にお邪魔しております(‘◇’)ゞ

 

 

少し前だとこれが一般的だったんですが、

 

軒天のケイカルを、破風の端っこの三角部分にもそのまま使用しているパターンです。

 

 

建ててから15年ほど経つと、こんなふうに劣化が進んで表面がめくれてきます。

 

もともとケイカルは水に弱く、雨にさらされる部分には不向きな材料なのです~

 

 

 

めくれ、劣化がひどい場合は片山では板金を巻く、という提案をすることが多いです。

 

 

なかなか目の届きにくい、というか気がつかない部分なのでご提案する会社も少ない??のかな??

 

 

 

 

板金は板金屋さんにいつもお願いしていて、板金巻いたあとも破風となじむように塗装して仕上げます。

 

 

ほんのちょっとしたことかもしれないんですけどね(^^;)

せっかくですし!!

 

 

 

 

さりげなく写真の奥のほうに職人さんの腕から下が映ってる~(笑)

 

 

弊社外壁塗装HPはこちら

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-42-5039受付時間 8:00~17:00 日曜定休

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!