塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! ヨメ次郎の現場日誌

HOME > ヨメ次郎の現場日誌 > ヨメ次郎の現場日誌 > 屋根の塗装スピードの違いって・・・ |滋賀県近江八幡市の外…

屋根の塗装スピードの違いって・・・ |滋賀県近江八幡市の外壁塗装・屋根塗装&雨漏り専門店 片山

ヨメ次郎の現場日誌 2019.12.14 (Sat) 更新

みなさまこんにちは、滋賀県近江八幡市で外壁塗装・屋根塗装&雨漏り専門店 片山 の

 

 

 

ヨメ次郎です(*’ω’*)

 

 

 

年末感がでてきてますねぇぇぇぇ!!

クリスマスに

おせちに

年末年始の休みに

冬休みに

成績もらいの話に・・・

 

 

 

気が急く季節です。

 

とはいえ、焦らず、慌てず、です(=゚ω゚)ノ

 

 

 

さて、今日はタイトルが屋根の塗装スピードの違いって・・・です。

 

 

??はてな??どういうこと??

 

 

えーっと、屋根の塗装スピードは、屋根材の形状に大きく左右される、

ということです。

 

 

たとえばこれ。カラーベストの場合だと、

刷毛入れがほとんど必要ないんですね。

使うのはほぼローラー。

コロコロ転がすだけ。

 

 

 

こちらはセメントプレス瓦。

見てわかるように、平べったいカラーベストと比べると波型になっています。

厚みもこちらのほうが厚い。

こういうケースだと、

ローラーを使う前に刷毛で塗りこむ、という作業が必要になります。

 

写真のように、色が変わっている部分が刷毛入れが終わっているところ。

 

縁の部分(小口=こぐち)もすべて刷毛を入れます。

瓦と瓦の重なり部分もローラーの毛の長さでは塗料が入らないため、すべて刷毛入れします。

 

 

 

こんな風に、すべて刷毛入れをしてから、ローラーを転がすので、

要するに工程が増えているわけです。

当然、手間が増えた分、時間がかかります・・・

そうだなぁ、大げさに言うと倍くらい違います(笑)

 

 

「いやいや、ローラーでごりごり塗ったらええやん」

 

と言われるかもしれませんが、それだと仕上がりがきれいにならないのです(´・ω・`)

 

 

 

 

塗りムラは出るわ

塗膜の厚みもバラバラになるわ

 

・・・

 

 

仕上がり、きれいなほうがいいですもんね。

なので、ひと手間増えてもこういう方法を採ります。

 

 

もひとつ付け加えると、同じたての長さと横の長さの屋根でも、

カラーベストなのか折板なのか、波型の瓦なのかで面積は全然ちがってきます。

 

 

表面積が違うので。

 

 

 

ちょっとマニアックな話になりましたが、

こういうお話が聞きたい!!

 

 

・・・というマニアックな方がいらっしゃるので(笑)

 

 

 

以上、マニアックなおはなしでした!!

 

 

 

 

弊社外壁塗装HPはこちら

 

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-42-5039受付時間 8:00~17:00 日曜定休

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!