塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! ヨメ次郎の現場日誌

HOME > ヨメ次郎の現場日誌 > ヨメ次郎の現場日誌 > 塩ビ防水工事 |滋賀県東近江市の外壁・屋根塗装&雨漏り専門…

塩ビ防水工事 |滋賀県東近江市の外壁・屋根塗装&雨漏り専門店 片山

ヨメ次郎の現場日誌 2019.11.09 (Sat) 更新

みなさまこんにちは、滋賀県東近江市で外壁・屋根塗装&雨漏り専門店 片山 の

 

 

ヨメ次郎です(*’ω’*)

 

 

今、塩ビシート防水工事、という工事をしています。

 

 

防水工事です。

防水工事もいろいろ種類があって、塗膜防水やシート防水。

シート防水の中でも塩ビやアスファルト、合成シートなど、さまざま。

中でも塩ビは学校などの公共工事の屋上に用いられることの多い工法です。

アスファルトはビルの屋上などによく用いられます。

 

塩ビのメリットは下地を選ばない。わりかしどんな下地にも使えること。下地をめくらなくていいので、

その分の手間と廃材処理費用がかからない。10年保証がつく。

 

デメリットとしては音と振動が大きいこと。塗膜防水などに比べると費用が高くなる。

 

というところでしょうか。

 

 

 

 

 

おうちの形状はよくある「陸屋根」タイプ。

ベランダにはもともとウレタン防水が施されていました。

ここに塩ビ防水を施していきます。

 

まずは洗浄で下地をきれいにします。

 

 

そのあとボンドを塗って、ラジアルシートを張っていきます

 

 

ラジアルシートは絶縁シートともいいますが(メーカーさんによって多少名前がちがうのです)

これは下地と塩ビシートがこすれてシートが傷むのを防ぐ役割を持ちます。

 

次に「ヒルティ」という機械でラジアルシートから下地コンクリートへ穴をあけます。

この時の音と振動がすごいんです・・・

 

 

 

ラジアルシートが張れたら、今度は「ディスク」の取り付けと塩ビ鋼板の取り付けです。

 

ディスクを取り付けるには、まず「ヒルティ」という機械で穴をあけますが、このディスクの取り付け個数、

というかどれくらい必要かは決まっています。

 

ディスクを取り付けるためのガイド(目印)をつけてからヒルティでの穴あけ作業。

 

 

穴あけが終わったらそこにまた工具を差し込みます。

 

 

 

 

最後はディスクごとビスを穴に留めつけてディスク取り付けは完了です。

 

 

 

このあとは塩ビ鋼板の取り付け、

ドレンの仕舞、

シート張り

プルーフシーラー

 

 

などになります。

 

 

 

塩ビシートの工事を見てると楽しいですね~( *´艸`)

 

 

 

弊社外壁塗装HPはこちら

 

 

 

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-42-5039受付時間 8:00~17:00 日曜定休

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!