塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! ヨメ次郎の現場日誌

HOME > ヨメ次郎の現場日誌 > ヨメ次郎の現場日誌 > スタッコの吹き付け |滋賀県東近江市の外壁塗装&雨漏り専門…

スタッコの吹き付け |滋賀県東近江市の外壁塗装&雨漏り専門店 片山

ヨメ次郎の現場日誌 2014.07.25 (Fri) 更新

みなさまこんばんは、ヨメ次郎です( ´ ▽ ` )ノ

スタッコの吹き付けを見てきました!! 私も初めて見る作業だったので、自分の復習も兼ねて見ていきたいと思います(^-^)

s_DSCN0735

 

↑塗料の準備。 塗料の缶を開封したらよく攪拌。

s_DSCN0736

 

↑塗料の準備② 今回のレシピは塗料缶1缶に対してシポサンド(要するに砂みたいなもの)1.5袋と、たまじゃくしに清水3杯。 これを2缶に分けて作る。 ので、攪拌した材料を2つに分けているところ。

s_DSCN0738

 

↑塗料の準備③ シポサンド投入。 これがつぶつぶのもとになる。

s_DSCN0739

 

↑ シポサンド投入後。 塗料が見えないくらい入ってますねぇ

s_DSCN0740

 

↑塗料の準備④ たまじゃくしに3杯、きれいな水を入れます

s_DSCN0741

 

↑塗料の準備⑤ レシピ通りにシポサンド、清水を入れた材料を機械でよく攪拌する。

s_DSCN0744

 

↑すぐに使わない分は、密封しておく。 その日に使い切る分だけ用意。

ここまでできたら、吹き手のところへ材料を持って行く。

s_DSCN0728

 

↑吹き付けの様子。 リシンガンで吹き付けていきます。 圧やスピード、塗料の粘度、シポサンドの量、ガンのアタッチメントなどで塗膜の表情が変わります。

 

s_DSCN0732

 

↑こぼれた材料のアップ。 ぽってりとしていますが、これを空気のチカラで吹き付けるとあの質感が生まれます

s_DSCN0743

↑スタッコのアップ。 スタッコとは材料の名前ではなく、吹き付けによって生まれるこのテクスチャのことを指します。 リシンも同じ。

 

ちなみに、シポサンドの量と大きさを変えるとリシンになります。

もうひとつ、それらを変えることでコテ仕上げも可能になります。

 

 

 

同じ塗料なのに。

う~ん、面白い。

 

 

 

 

 

 

ご相談お見積り診断無料!お気軽にご相談下さい!!

0120-42-5039受付時間 8:00~17:00 日曜定休

ご相談・お見積り依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!