塗装屋二代目のヨメとして8年、そして住宅営業マンとして4年の「ヨメ次郎」が「奥様目線」で日々思うことをつづります。なるべく専門用語でない、わかりやすい言葉で伝えられたら…
「塗装ってオモシロイ!」と思って頂ければ幸いです。

[プロフィール]

片山 三樹(かたやま みき)
株式会社片山 営業
提案だけでなく、実際に工事現場にも出向き、工事が完了するまでお客様のサポートをしています。二代目片山銀次郎のヨメとして日々奮闘中。元気いっぱいの3人娘の子育ても頑張っています。

[所持資格]

  • 危険物取扱主任者 乙類第四類
  • 2級土木施工管理技士(鋼構造物)
  • 窯業サイディング塗替診断士

K様邸の塗装の様子。 |滋賀県東近江市の外壁塗装&雨漏り専門店 片山

2014.5.23

草津市K様邸の塗装の様子です!

s_IMG_0045

 

↑屋根(瓦棒)のケレン(目荒し)の様子です。 高圧洗浄は済んでいますが、より密着を高めるために行います。

s_IMG_0051

 

↑屋根 下塗りの様子です。

s_IMG_0054

 

↑屋根 中塗りの様子です。

s_IMG_0063

 

↑屋根 上塗りの様子です。

s_DSCN0127

 

↑外壁(モルタル外壁に小粒スタッコ吹き放し) に下地処理後、ナノコンポジットWシーラーを塗装しているところ。 シーラーは無色透明です。

IMG_0038

 

↑シーラーが完全に乾燥したら、ナノコンポジットWフィラーとマスチックローラーで新しく模様をつけていきます。(さざなみ仕上げ)

s_DSCN0207

 

↑白い部分がさざなみ仕上げが完了しているところ。 このマスチックが意外と難しい・・・うちの若い職人さんはこれができます♪

s_DSCN0219

 

↑外壁 上塗りナノコンポジットWの1回目。

s_IMG_0102

 

↑外壁 上塗りナノコンポジットWの2回目。 壁はこれで仕上げです。

 

通常、屋根も外壁も

3回塗り

(下塗り・中塗り・上塗り)

 

が基本です。 塗料によっては下塗りのいらないものなどありますが、メーカーの推奨する仕様に基づいて、塗装する対象の状態を見極めて塗料なり、工法なりをチョイスしていくのです。

(^-^)

K様邸は、外壁に関しては4回塗りで仕上げています。