塗装が必要な理由

外壁と屋根は、住まいを雨風などから住まいを守るとても大切な役割をしています。外と接している部分だからこそ、塗装は重要なのです。

住まいの寿命を守る

外壁・屋根は外部建材の保護の役割をしています。つまり住まいの屋台骨の劣化を防いでくれるのです。屋台骨の劣化をしっかり防ぐことができれば住まいの寿命は長くなるので、長い目でみると決して大きな投資ではありません。

▲施行前の外観

▲施行後の外観

住まいの美観を保つ。

いつまでもキレイな住まいで過ごしたいもの。外壁・屋根の塗装は住まいの美しさを保ち、資産価値を向上させます。

塗り替えのタイミング

ずっと同じ家に住んでいると、外の外壁、屋根の劣化には気がつきにくいもの。 住まいを守る大切な塗装だからこそ、早めに塗り替えを。

住まいの寿命を守る

住まいを守る外壁・屋根の塗替えを行っていないと、屋台骨の損傷に繋がります。
こうなっては塗替えだけではすみません。何事も早めの判断で住まいのメンテナンスを行いましょう。

住まいの美観を保つ。

塗替えのタイミングはその住まいの状況によって様々ですが、一般的に最初のタイミングは築10年と言われています。
築10年以上の家にお住まいの方は塗替えを行っているか調べてみてはいかがでしょうか。

壁を触ると白い粉がつく。

今の住まいの状態がどうなのか簡単にチェックできる方法があります。 道具も一切使わず、すぐにチェックできますので、一度ご自身でセルフチェックを行ってみてはいかがでしょうか。

壁を触ると白い粉がつく。
壁壁の継ぎ目が劣化し、ひび割れ、欠損している。
壁がひび割れ、欠けている。
色が部分的に変色している、全体的に色あせている。
色が部分的に変色している、全体的に色あせている。